君の名は。の全てがここにある

『君の名は。』情報館!

君の名は

【君の名は。】ネタバレ!時系列で振り返ると・・・?!5

投稿日:2016年10月4日 更新日:

【君の名は。】ネタバレ!時系列で振り返ると・・・?!5

img_0531

前回の記事では、瀧と三葉が時空を超えて出会う瞬間までを追っていきました。時を超えて、この世に同時に存在しないはずの二人が出会う。とても神秘的でした。君の名は。ネタバレになりますが、今回も最後まで時系列で追いかけてみたいと思います。

スポンサーリンク



三葉は?糸守の運命は?歴史は変わったのか?

時は過ぎ、時代は隕石落下事故から8年後の2021年。瀧は大学生になり、就職活動にあけくれる日々。高校でも仲良くしていた藤井司などが、次々と内定を決めていく中、未だに内定先を見つけられず苦労している瀧。

2016年に、あの片われ時で三葉とほんのわずかな時を共有して別れた瀧は、自分が何のためにここにきたのか、なぜここにいるのか、そして、なぜこんなに悲しい気持ちになっているのか理解できないまま下山していました。

この物語の冒頭でも語られていた、
ずっと何かを、誰かを探している気がする
気持ちを抱えたまま、日々を漠然と過ごす瀧。

内定先が決まらないのは、スーツが似合ってないからでは?などと仲間たちに茶化されて、本気でそれを受け止めてしまうあたり、瀧の追い込まれ具合がよくわかりますよね。そして、「大人の女性」になった奥寺先輩とも会います。

仕事の都合でこっち(東京)によったから、ついでに瀧に会いにきてくれたそう。そこでも瀧は、スーツが似合っていないことを指摘されてしまいます。笑 そして、奥寺先輩の左手の薬指には指輪が光っていることも、瀧は見つけました。

あんなに憧れていた奥寺先輩にも、今となっては心を動かされないほど、何かの焦燥感に駆られている瀧。そして、ニュースでは、8年前に、ティアマト彗星が分裂し、日本に落下、衝突した歴史を特集していました。

誰も予測できない大災害となるはずだったが、当日、糸守町では避難訓練が行われていて、町の住民のほとんどが被害範囲外にいたため、奇跡的に助かっていたという内容です。瀧は、このニュースになぜか心を動かされるも、それがなぜなのか、自分でもよく理解できないままでいました。

スポンサーリンク



コーヒーショップでは聞き慣れたあの声が・・・!

就職活動の疲れを癒すために入ったコーヒーショップでぼーっとしていると、背後から聞き慣れた訛りのある会話が聞こえてきます。

「てっしー、式までにはヒゲを剃ってよね」

自分でも引っかかりを感じはするものの、それが何なのかよくわからないまま、二人は店を出ていってしまいました。そして、その日は傘をさす天候で、すれ違う人の顏もよくみえません。歩道橋の上で、赤い組紐を結った女性とすれ違い、ふと、何かを感じるのですが、再び帰路についてしまいます。

そう、8年前のあの日、三葉は父親の説得し、町の住民全員を避難させることに成功していたんですね。新聞では、宮水家の特集が組まれたり、預言者か?!などの扱いも受けるなど、ちょっとした話題になっていたようですが、瀧と三葉の懸命な行動で、歴史が変わったんですね!

てっしーたちは生きていた!さやちんももうすぐてっしーと結婚することがわかり、視聴者には安堵の気持ちが広がった瞬間ですね。あとは、三葉と瀧が出会うだけ!そう思いながら物語がラストシーンを迎えます。

スポンサーリンク



ついにフィナーレ!瀧と三葉が感動の再会を果たす!

img_0362
いつもと同じように、ひたすら何かの「喪失感」に駆られて日々を過ごす瀧。いつからか、誰かを、何かをずっと探していた。でもそれが何なのか、自分でもよくわからない。ふと、乗っている電車の窓から外の景色に目を移すと、そこには、路線は違うが、並走する電車が。

そして、瀧はそこにいる女性の姿を見て、驚く。そして、その女性も同じ様子だった。二人は弾けるように、互いに乗っていた電車から飛び出し、ホームを駆けて、改札を抜け、走り出す。

街中を走り回るもなかなか見つからない。たしかこっちの方のはずなのに・・・!しばらく探し回ると、瀧の視界に、四谷の須賀神社の階段が飛び込んできた。同時に、その階段上の踊り場に、現れる女性、三葉。

二人は顏を見合わせて、階段ですれ違うも、その時に、なかなか声をかけられない・・・。やはりこのまま二人は「気のせい」で終わってしまうのか・・・そう思った矢先、

瀧:あの!俺、君のことどこかで・・・
三葉:わたしも・・・
瀧&三葉:君の名は・・・?

めでたく、二人は再会を果たし、ハッピーエンド!

大ヒット映画「君の名は。」を見終えて

はい、正直にいってここまで感動する映画だとは思っていませんでした。正直。話が進んでいくにつれて、全てが繋がり始める伏線の数々。結局あれはどういうこと?というお約束の宿題を視聴者にも残してくれるし、ハッピーエンドエンドで、無事瀧と三葉が再会してくれるし、本当にいうことなし!ここ数年では自分の中で最高の映画です。

ジブリでいうと、もののけ姫の終わり方がとても印象的だったのですが、まぁ比べること自体ナンセンスですが、気持ち良い終わり方という意味ではどちらもとても好きです。

世界観がいいですよね。時空を超えて二人が結びつく、なんていうとてもロマンチックであり、それでいて、それはないだろ!っていうような飛躍的な話の展開もない。ちゃんと布石を置いてくれている。

次回以降の記事では、「君の名は。」の伏線や、謎に迫りたいと思います!どうぞお気に入りに登録をお願いしますね!

-君の名は

Copyright© 『君の名は。』情報館! , 2016 AllRights Reserved Powered by micata2.